オザキエンタープライズ

新卒採用ブログ

経営の源泉は、400年間の伝統を持つ農家の「魂」。感謝の気持ちがあふれています。

 

代表取締役社長 尾崎 幸信

農業と遊技場、両方を一緒に営んでいくことは可能か。

先代から尾崎興業株式会社を引き継ぐことになり、私自身がもっとも悩んだ問題でした。畑と遊技場、両方を自分だけの力でこなすには、あまりにも内容が異なります。悩みぬいた結果、畑は人に任せ、会社の経営にウエイトを置くようになりました。

 

農業を離れ、会社の業務に深く携わるようになってから、気付いたことがあります。それは、畑で培った考えが、会社の経営にも活用できるということ。

 

例えば、先代から受け継いだ「土を耕す心」がそうです。これは、強い風も冷たい雨も、すべては未来にある実りのための困難として、自然からの恵みを受け入れ、感謝する気持ちのことです。うれしいことも大変なことも、すべての出来事に感謝することで、大きな実りになります。遊技場の場合は、来店したゲストを心から迎え入れ、「ありがとう」と感謝する。その結果が、店舗の売り上げや地域の皆様からの信頼になります。

 

また、農業と会社には、「種をまかなければ収穫できない」という共通点もあります。これは「人材を育成しなければ、良いサービスは提供できない」「店舗を出さなければ、売上につながらない」というもの。農業も会社も、オザキエンタープライズにとって、根本にある精神は同じ。事業が変化を遂げたとしても、この心の重要さは変わりません。父と母である先代と会長から受け継いだ「ありがとう」の心。これから先の未来へ、確実につなげていきます。

 

社長からのメッセージ

macintoshの方はこちらよりWindows Media Playerをダウンロードし、インストール後、ご試聴ください。